堤 昌明  様

空撮、誠に有難うございます。

堤さんのご苦労は計り知れない物があります。

それだけに撮影された写真は貴重です。

大切に活用させて頂きますので宜しくお願い致します。

HP掲載にあたって不都合がありましたらご連絡ください。

関川より



AVIデータ、ダウンロードは3分ぐらい時間がかかります。

 関川 利夫  様
 
 
こんにちは
 
今回 関川さんからの連絡で 早速気持ちの準備をしました。
 
飛び道具(機材)の点検を終え あとは当日の大気の状態と グランド使用状況です。
 
当日の朝 古ヶ崎グランドに到着後 いつものラジコン飛行部隊の方々に挨拶をし
 
暗黙の遠慮に感謝をしつつ(ラジコン飛行機と同空域を共有するためです。) 
 
私も なるべく飛行部隊の方にストレスを与えないように
 
グンドの遠い端まで 重い機材を背負っての移動です。
 
9:00AMのウインドソック(吹流し)は 強めの風で 
 
まるで鯉のぼりが泳いでいるようでした。
 
風速は3.5m〜5mです。
 
地上風でのこの風速は 今や限界と 気持ちを焦らせます。
 
当然 上空では尚強風です。
 
状況確認すること30分 低空域での大気の状態は 強弱の呼吸があるものの
 
テイクオフは可能と判断。
 
テストフライト状況の如何によって 柴又への空撮を決めようと出動です。
 
テイクオフ後 高度50m・70m・100m と上昇するに伴って サーマル(地上温度の上昇による上昇気流)も強く
 
高度350m付近までは まるでロディオでもしているかのような感じを覚え
 
しかも時々 下降気流で片翼の端が潰されます。
 
とても低空での空撮は アングルに気を配る余裕など無いことを覚悟していました。
 
それに加え 葛飾柴又は住宅密集地である他 矢切の渡し・帝釈天で 
 
対岸松戸側は河川敷ゴルフ場でプレー中です。
 
そして近くに 高圧線と北総線。
 
環境だけでも ストレス・・・パーセント!
 
飛ぶだけでも瞬時のコントロールを要求される状況下で
 
低空飛行での騒音公害に 後ろめたさを感じつつも
 
この空撮画像が 少しでも意義あるものになればと願いつつ 
 
周辺に騒音が集中しないように アチコチ旋回しながら
 
プロペラ音を分散させるつもりで 飛びました。
 
 
新八水路の水路口付近で手を振ってくれている方
 
新八ワンドで手を振っている方が いったい誰なのか 上空からは確認する事が不可能です。
 
まるで 応援のつもり飛び立った自分が 返って応援されている気分でした。
 
太陽光線で反射するデジカメのモニターは まったく当てになりませんが
 
それでも何んとか 片手ハンドル状態 + 体重移動のコントールでアングルを決め
 
シャッターチャンスを捉えることが出来ました。
 
 
 
『 新八ワンド 』の建設 おめでとうございます。
 
そして これまで ご苦労様でした。
 
これから 新八水路や新ワンドの生物調査・保全・其処に生命の育まれる意義の伝承が
 
どんなにか努力と協力が要されることかを再考し
 
新八ワンドが 新たな生命の恵みと ゆりかごとなるよう 切に願っております。